徳川家

○鳥井忠広(とりい ただひろ)

徳川家組頭。鳥居元忠の弟。徳川十六神将の一人として数えられている。兄の鳥居元忠と同様に武勇に優れていた。三方ヶ原の戦いで武田軍の敵将と一騎討ちの末討取られた。
徳川家

○植村家存(うえむら いえさだ)

徳川家組頭。幼い頃より家康の家臣として仕えていた。上杉家や武田家から勇敢さを賞賛されていた記録が残っている。
徳川家

○渡辺政綱(わたなべ まさつな)

徳川家組頭。兄は徳川家十六将の一人である渡辺守綱。兄と同様に戦での武功が多く残る。長篠の戦いでは真田信綱を討取る活躍をした。
徳川家

○渡辺高綱(わたなべ たかつな)

徳川家組頭。徳川十六将の渡辺守綱の父にあたる。子と同様に武勇に優れていた。三河一向一揆の際は一向宗側に付き討死した。
徳川家

○内藤忠重(ないとう ただしげ)

徳川家組頭。関ヶ原の戦いや大坂の陣で武功を挙げる活躍をし、徳川家光の教育係もつとめた。後に功績を認められ志摩鳥羽2万石の藩主となる。